仲良しなデリヘル嬢

“私には馴染みになったデリヘル嬢がいます。
今から4年前、そのデリヘル嬢の最初のお客さんだったのが私でした。

以降、数ヶ月に一度は私から指名する事にしています。
当時、彼女は二十歳前後だったと思うのでお店でもベテランになりました。
勿論、人気も上のクラスになっています。

ただ、私と会う時は新人時代を思い出すと言ってくれます。
風俗であっても、そこはやはり人と人の血の通った部分があるので
当時の出会いや、現在の関係を大事にしたいと思っています。

現在はプレイをする事も多いですが、色々と会話する関係です。
また、お酒OKのお店なので2人でシャンパンやカクテルを飲んでます。
お店の話やお互いの仕事の話は一切せずに、普通の男女の関係のように
今流行っている事や、好きなものの話をしている事もあります。

お客さんと風俗嬢の関係でなければ、その女性は私の好みです。
ですが、そういう気持ちを抑えて普通に接するのも紳士的なのかも知れないと思ってます。

たまにプレイする時は、私のツボを心得ているので
あっという間に私を昇天させてしまいます。
カリを強く舐められるのが好きなので、そういう好みも知っていてくれます。
「イイよ、おいで!」と云う言葉も合図になってます。

新しい子に行くのも面白いのですが、馴染みの女性がいるのも何だか良い気がしています。

その女性がいつまで勤務しているのか?それは分からないですが
勤務している間は、ずっと指名し続けようと思っているのです。
永遠に繋がらない恋に似たトンネルのように、出口はないのですが。